ジョージブライドル 英国の最高級皮革の薄長財布

内装・外装の両面に高価なブライドルレザーを使用

両面に高価なブライドルレザー

ジョージブライドル・ロイヤルウォレット


オススメ度★★★★★
価格50,000
説明ココマイスター長財布の中でも、最高額のラウンド型ファスナー付き
特長表裏ともにブライドル革を使うことで、普通のブライドルと比較して革の使用量は5倍!
手づくりで大量生産できないゆえ、入荷数も少なく、売切れになっていることが多い。
購入希望の方は、即決断を強くオススメ!
詳細を見る

ジョージブライドル・バイアリーウォレット


オススメ度★★★★☆
価格43,000
説明ココマイスター長財布の中でも、最高額の見開き型の薄長財布
特長ビジネスユース、特にスーツのシルエットを崩さない薄い長財布が人気!
手づくりで大量生産できないゆえ、入荷数も少なく、売切れになっていることが多い。
購入希望の方は、即決断を強くオススメ!
詳細を見る

ジョージブライドル・バイアリーパース


オススメ度★★★☆☆
価格36,000
説明ジョージブライドルの二つ折り財布となります。
特長場所を取らない二つ折り財布は、根強い人気があり!ただし、財布が厚くなるのが欠点ですよね。
手づくりで大量生産できないゆえ、入荷数も少なく、売切れになっていることが多い。
購入希望の方は、即決断を強くオススメ!
詳細を見る

ブライドルレザーとは、英国最高級の馬具革と呼ばれています。革の素材は牛革で、ショルダー部位。では、なぜ馬具革かというと、過酷な馬具という使い方でもOKな頑丈さを持っている、という意味です。実際、馬具に使われています。ショルダー部位の革って硬いんですよね。その硬い革をワックス漬けにしてさらに強固にしている。しかし問題は、その強固な革ゆえに、職人さんが縫製の際、非常に手間がかかり時間がかかる。革そのものが貴重なのもありますが、手づくり縫製に時間がかかり、生産数が少ないので、売り切れになることが多いのですね。一度売り切れると、次回の再入荷までに2ヶ月〜6ヶ月ほど待たされることもあるようです。在庫があるときは、即決で購入しておくとよいです。

  • ココマイスター財布を買わない理由はありますでしょうか?

    side-webshop人気のメンズ長財布なのですが、

    買わない理由というのを考えてみたことがありますでしょうか?


    そうです、買わない理由です。


    買う理由を正当化して考えるということは、

    比較的よくあることですが、

    買わない理由を考えるというのは、その逆ですよね。


    あまり、考えた無いことがないという方が大多数なのではないでしょうか。


    ココマイスター財布を買わない理由は何か?

    デザインが問題なのか?

    それは、商品のデザインがシンプル過ぎて、

    自分にはマッチしないと感じた方なのではないでしょうか。


    金属がゴツゴツ使ってあり、

    チェーンが付いているのがお好み方には、ココマイスターはマッチしません。


    つまり、

    比較的若いユーザーにはマッチしにくいのかな、と感じています。


    ココマイスターはミドル層にマッチ?

    ココマイスター財布がマッチするのは、30代~50代ですから、

    落ち着いたデザインや、ビジネスユースを考えているのも、うなずけます。

    coco0117

    買わない理由をあげるとすれば、

    このココマイスターのコンセプトとは相容れない、という方なのではないでしょうか。


    本皮製品としてのクオリティは非常に高いものがあります。

    当たり前ですよね。


    品質が高く値段が安い

    ヨーロッパから最高級の本皮を仕入れいているのですから。

    また、日本ではこの最高級本皮を待ち受ける、熟練の革職人さんたちが縫製します。


    一つずつ手作りですから、クオリティが高いのは当然と言えます。


    ただ、ココマイスターというのは知る人ぞ知る、なので、

    今のところはノンブランドと言えます。


    ブランド志向の方は、買わない理由の一つになるのではないか、

    っと思います。

    いかがでしょうか?

    公式ページで、クオリティの高さを確認していただくことが可能です。

  • ココマイスター長財布を大学生が購入しても似合いますでしょうか?

    メンズ長財布で有名なココマイスターですが、

    大学生が持っていても似合うだろうか?

    っと、年齢層を気にする方はいらっしゃるようです。

    college

    ココマイスターの公式サイトへアクセスすると分かるのですが、

    メインの購入層は、ミドルで30代~50代になっています。


    これは、あくまでも購入層を想定した年代なので、

    10代や20代の方がココマイスターを持っても、

    シンプルな本物は誰が持っても似合う、と言えるでしょう。

    シンプルさは人を問わず

    デザイン性を押さえて、

    あえてシンプルになっているココマイスターです。


    いつでも、誰でもがマッチするように出来ているといえるでしょう。


    ココマイスター公式サイトの口コミ情報を見ると分かるのですが、

    大学入学祝いや、就職祝いにココマイスターを購入する方も多くいます。


    ココマイスターというと、

    何となく30代からでないと似合わない的なイメージがあるかもですが、

    実際は、誰でもOKです。


    本物を持ち歩きたい

    やはり、

    お財布は日々持ち歩くものですし、

    できれば本皮の良い長財布を持ち歩きたいですよね。


    お金を大事にする習慣が身につき、

    金運が開けるのではないでしょうか。

  • ココマイスター自由が丘店にジョージブライドルはありますか?

    ココマイスターの直営店といえば、自由が丘店ですよね。

    銀座店は、この文章を書いている時点では、未オープンで、

    2013年8月のオープン予定ということです。

    jiyuu_main

    現状では、ココマイスターの実物を見たければ、

    直営の自由が丘店のみとなります。


    さて、ジョージブライドルシリーズは、

    表も内側も総ブライドルレザーの高額商品ですが、

    出来れば実物を手に取り確認してから購入したいですよね。


    ジョージブライドルバイアリーウォレットなどは、

    43,000円ですから、失敗したくありません。

    直営店に在庫はありますか?

    自由が丘店に置いてあるのか、確認してみました。

    もちろん、置いてありますよね。


    ただし、

    例によって在庫はありません。

    coco0116

    公式サイトでも売り切れですから、

    直営店舗と言えども在庫があることは期待していませんでした。


    当然ですよね。


    ご存じかと思いますが、

    ジョージブライドルシリーズは、4種類の財布からなっています。


    ジョージブライドルの4種類

    ・ジョージブライドル・バイアリーウォレット

    ・ジョージブライドル・バイアリーパース

    ・ジョージブライドル・ロベルトパース

    ・ジョージブライドル・ファスナー小銭いれ


    以上の4種類です。

    長財布は1種類だけなんですね。


    長財布のバイアリーウォレットは43,000円だと、

    価格を記載しましたが、


    二つ折りや小銭いれは、

    ココマイスター公式サイトへアクセスするとよいでしょう。

  • ジョージブライドルバイアリーウォレットは革の量が5倍に!

    ジョージブライドルバイアリーウォレットは、

    ココマイスターの中でも最高額の人気長財布です。

    45014201-03

    ブライドルシリーズは、以前からあって人気だったのですが、

    内側がヌメ革でした。


    ジョージブライドルは、

    御存知の通り、表も内側も総ブライドルの贅沢な長財布です。

    5倍とは?

    表側だけブライドルレザーを使う場合と比較して、

    内側もブライドルレザーを使うと、

    その差は、5倍の量にもなると言います。

    bridle01-470x242

    ですから、ジョージブライドルは高価ですし、

    その価値のある長財布でなおかつ、一生ものにふさわしいと言えるのではないでしょうか。


    考えてみれば、

    表側だけの革の量って、そんなに多くはないですよね。


    内側は細かく入り組んでいるので、

    それを全てブライドルで縫製するとなると、相当な革の量になるのは、

    もちろんです。


    量よりも手間

    それよりもジョージブライドルバイアリーウォレットがスゴイのは、

    その手間です。


    ブライドルレザーは、馬具に用いる硬い革ですよね。


    表面だけの縫製なら、比較的単純に済みます。

    00

    ところが、内側の細かな縫製

    ブライドルの硬い革を使って行うとなると、

    職人さんの技術も、手間も、かかる時間も相当大変なことになると思います。


    それだけ、ブライドルレザーは、硬くて扱いにくいんですね。

    でも、ジョージブライドルバイアリーウォレットが欲しくてもスグには購入出来ません。


    例によって、ずっと売り切れているからです。

    再販売通知を待つしか無いですよね。

  • ブライドルレザーとはどのような種類の革なのでしょうか?

    ジョージブライドルシリーズを語る上で、

    ブライドルレザーの存在を知らずには、いられないですよね。

    untitled

    ブライドルレザーとは、どのような革なのでしょうか?


    ココマイスターに限らず、

    ブライドルレザーは長く本皮製品を持ち歩く人にとって人気の革です。


    それは、イギリスの馬具に使われるほどの強くて丈夫

    牛のショルダー(肩)を使っているからです。

    革にワックス加工

    ショルダー部分というのは、

    血管の後であったり、キズや、色ムラが多い部位なんですよね。

    leather1

    それを活かすのがブライドルレザーです。

    もともと頑丈なブライドルですが、

    ココマイスターの場合は、さらに繊維を何倍も強くするため、

    ロウ漬け(ワックス加工)にしています。


    ですから、ブライドルレザーの表面にブルームという、

    ロウの粉が浮き出ています。


    もちろん、使っている内に粉は無くなります。

    ですが、夏はロウが溶けて無くなっても、

    冬は寒くて最初の段階ではロウの粉が噴き出る場合もあります。


    硬いゆえの苦労も

    また、硬くて丈夫な革だからこそ、

    カットや縫製など、細かな部分で職人さんの

    技術力や手間のかかる革でもあります。

    45014201-04

    考えてみて下さい。

    柔らかく薄いヌメ革でしたら、縫製や加工も簡単です。


    ですが、厚くて硬いブライドルは、

    縫製だけをみても、非常に大変なのは素人考えでも分かります。


    いわゆる、時間が通常の革よりも

    多くかかる、ということになります。


    ブライドルレザーの頑丈さは、数十年は楽に耐用年数として挙げられます。

    長く付き合いたいのでしたら、

    多少高価になりますが、ブライドルって良い選択肢ではないでしょうか。